賃貸の家を探している方にとって理想的な良い物件をお得に借りたい

>

仲介手数料を安く済ませられる仕組みとは

仲介手数料が安く設定されている仕組み

仲介手数料とは、皆さんもご存じかと思われますが、物件を借りる際に不動産仲介業者に支払うお金ですね。

仲介手数料には上限があります。
法律では『1ヶ月分の家賃プラス消費税』と定められています。
(余談ですが、家賃には消費税はかからないと定められておりますのでご安心を)

仲介手数料を払ってもらう方には、『入居する方』と『大家さん』の2パターンございます。
どちらかが100パーセント支払うか、50パーセントずつなど、割合を配分して支払うケースもございます。

仲介手数料無料や半額となっている不動産会社がございます。
この場合は大家さんから全額から半額までの金額を請求しているから実現していることなのです。

もし仲介手数料を抑えたいならば、この大家さんに請求なさっている不動産会社を探すのがおすすめです。

フリーレント(家賃無料期間)の活用

フリーレント(家賃無料期間)とは契約日と入居日をずらして契約することができる期間のことです。

たとえば、6月中旬に引っ越ししたいと思って物件を探していたところ、5月初旬に良い物件と出会えました。
でもすぐには引っ越しできない上に、物件のお取り置きということはできません。

そこでフリーレントの出番です!
契約日を5月15日にして、入居日を6月16日という形で、契約することができます。
この1ヶ月間は契約期間になりますが、家賃が発生しません。
つまり家賃が無料になるのでフリーレント期間ですね。

このフリーレント期間の目安やだいたい1ヶ月くらいが相場です。
引っ越したい物件が見つかったものの、すぐの引っ越しは難しい方にはぜひこのフリーレント期間の交渉をしてみることをお勧めします。