賃貸の家を探している方にとって理想的な良い物件をお得に借りたい

>

一番重要な家賃を安くしてもらうには

家賃の値引きに適切な時期

可能ならば初期費用は抑えていきたいところですよね。
まずは閑散期かつ長期的に空室になっているお部屋があるとそこが交渉ポイントになります。

家賃の場合はどのくらいの金額の値下げ交渉が可能なのでしょうか?
物件の家賃が7万円以下の場合ですと2000円から3000円前後。
7万円より少し高めの物件ですと、3000円から5000円前後。

これが目安になります。

こういった交渉はオーナーさんへの心象が気になる方も多いかと思います。
しかし、閑散期などではオーナーさんとしても家賃を値下げしてでも早く入居してくれた方が助かるという方も多いです。
また、どうしても言いづらい方は不動産屋さんに代わりに伝えていただくこともできます。

家賃の値引き交渉の手順

まずは家賃の交渉がしやすい物件か否かを判断します。
どのような条件だと交渉しやすいのでしょうか?
例えば、新築・ペット可・デザイナーズ物件といった付加価値がある物件は交渉は厳しいです。

ポイントとしては『長期空室』『駅から遠い』『マイナスな要素がないか』といったことを重要視してみると交渉しやすい物件かどうか判断できます。

次にタイミングですが、こちらも契約する直前がベストです。
『この物件が気に入ったので、家賃を2000円くらい値引きしていただけるならば他の物件はやめてすぐに契約したいです』と不動産会社の営業員に伝えてみましょう。
このとき『2000円』など、具体的な金額を営業員に提示した方が、オーナーの方に交渉しやすくなります。